ベルタ葉酸サプリの危険性の心配無用!!厳しい検査基準クリア!!

ベルタ葉酸危険

葉酸は、妊娠、授乳中女性に対し厚生労働省は日に400μgの摂取を推奨され、元気な妊婦、おなかの赤ちゃんの為に欠かせないビタミンB群の栄養素となっています。葉酸は、水溶性のビタミンで体内での蓄積は難しく、毎日摂摂が必要です。
また、食品に含まれる葉酸は、熱に弱く、長期保存により失われるものです。
葉酸自体は過剰摂取は好ましくないが、過剰摂取にはなりにくいのです。
これが水溶性ビタミンの一種である葉酸の特性です。

 

反対に、摂取すればするほど、体に蓄積されていくビタミンとして
脂溶性ビタミン類があります。
ビタミンA・D・E・Kと言われるビタミンは必要以上に摂取してしまうと過剰摂取が起こります。

 

ベルタ葉酸にも含まれていますが、過剰摂取にならないような配合量になっています。

 

葉酸に関しては、水に流れてしまうので、過剰摂取したとしても
容易に流れて体外に排出されていきます。
それだけに、毎日の摂取が重要になるんですね。

 

葉酸サプリは容量を守っておけば過剰摂取の心配はないですね。

 

厚生労働省も食品以外(モノグルタミン型葉酸)からの葉酸摂摂を推奨されています。

ベルタ葉酸危険

ベルタ葉酸サプリは、全ての成分に自然由来の素材を使用し、食品工場のGMP
(原材料の受け入れから、製造、出荷まで全ての課程において、製品が安全に作られ、一定の品質が保たれるようにするための製造工程管理基準の事です。)
以上に国の基準が厳しい医薬品のGMPに適合認定されている製造工場で、
原材料の受け入れ検査から秤量、重量チェック、クリーニング、放射能チェック、菌検査、出荷前検査等18項目以上のチェック工程を経て製造、出荷されています。

ベルタ葉酸危険

勿論、これまでに放射能検出や残留農薬チェックでも常に検出されていません。
以上から、ベルタ葉酸サプリに危険性は全くなく、妊娠、授乳中の女性の方も安心してお飲み頂けるサプリメントとして太鼓判ものです。
また、ベルタ葉酸サプリは単なる葉酸だけでなく、女性に不足しやすい成分をバランス良く配合されて、
ビタミン・ミネラル、葉酸、鉄分、美容成分、アミノ酸、野菜、カルシュウムを必要量摂ることが出来るようになっています。
すべてのお母さんに、ベルタ葉酸サプリの危険性は全くなく、安心してご利用頂き、元気な赤ちゃんを育てて頂きたいと願っております。

成分を見てみます

葉酸含有酵母 ビタミンB1
葉酸 ビタミンB12
野沢菜 ビタミンB2
白菜 ビタミンB6
馬プラセンタエキス末 ビタミンC
着色料(β-カロテン) ビタミンD3
大麦若葉 ビタミンE
大根葉 ビオチン
人参 ヒアルロン酸
酵素処理 燕窩) パントテン酸Ca
桑の葉 パセリ
苦瓜 ナイアシン
乾燥酵母 トマト
貝殻未焼成カルシウム チンゲン菜
燕の巣加工品 セロリ
れんこん セルロース
よもぎ ステアリン酸Ca
ヨウ素含有酵母 サンゴカルシウム
もろみ酢粉末 さつまいも(紫芋)
モロヘイヤ ケール
ミネラルイースト クエン酸鉄Na
ほうれん草 クエン酸
ブロッコリー キャベツ
フィッシュコラーゲン かぼちゃ
ビタミンA アスパラガス

ベルタ葉酸危険

何と、この小さな錠剤に50種類もの成分が含まれています。

 

カニ、えび、卵など一般的に多いアレルギー成分は含まれていませんが、アレルギー持ちの方はご自分のアレルゲンとが無いかは確認しておいてください。

 

 

ベルタ葉酸危険


ベルタ葉酸を一番お得に購入できる公式サイトはこちら

↓  ↓  ↓  ↓

http://beltayou.com/