妊活中のあるあるばなし

旦那のお母さんのプレッシャー

ベルタ葉酸,楽天,アマゾン,amazon

旦那のお母さんが、「元気だったら男の子でも女の子でも嬉しいからね」と言いつつ「男の子かわいい、男の子は・・・」と言うので、男の子じゃなければどうしよう・・絶対嫌味言われるよな〜ってプレッシャー。
天皇家でもないのに、そんなにプレッシャー与えなくてもいいのにって思いましたがは、産み分けの本とか読んで、自分なりには努力してしまいました。だって女の子が嫌がられたらかわいそうだから。それにプレッシャーから解放されたいので早く男の子が生まれてほしいって思いました。
結果は女の子でした・・・お母さんに報告したら、また嫌味言われるのかと思いブルーになりましたが、意外にも泣くほど凄い喜んでくれて、生きてるうちに孫に合えて嬉しいという事でした。ちょっと感動しました。

 

ご両親からのプレッシャーがあるところは大変ですが、とりあえず頑張ってみるしかないですね。
普段からできるだけ友好的にして、相手のご両親、特にお母さんには若干ゴマすり&ちょっと甘える感じで接すれば、頼られてるって感じで気分良さそうでした。
人によると思いますが、うまく立ち振る舞ったほうが得ですね。

 

2人目に対しての旦那さんのことば

私は、1人上の子がいて、2人めがなかなか出来ませんでした。

ベルタ葉酸,楽天,アマゾン,amazon

兄弟を作ってあげたい!と思えば思うほど、うまくいかず、当たり前に妊娠できると思っていたのにできず旦那に言ったところ、1人いるんだからいいじゃんと言われ、分かってるけど違うんだよ!と嫌な気分になりました。

 

やっぱり、男の人と女の人の考え方は違うと思うし、妊活中のこっちの気持ちを旦那にしか言えないのに、言ったらそーじゃないんだよな。と思う事もあると思います。
そんな時は、恥ずかしくてもなんでも友達に話たり、同じような体験しているひとの言葉とかを耳にいれたほうがよっぽどいい気がします。

 

何で自分だけと自己嫌悪

ベルタ葉酸,楽天,アマゾン,amazon

なかなか授からずまわりは、どんどん子供を産む中、何で自分だけ・・と自己嫌悪になってましたね。
毎月生理がくるたびに落ち込み、はーっとため息ばかりついていました。考えすぎないほうがいいよ?と言われてもその時は無理でした。

 

多分、赤ちゃんがほしいと願っているかたは、同じように、毎月生理がくるたびに落ち込んだり、まわりの話しを聞いたり街中の妊婦さんを見るといいなと思うかもしれません。ただまわりの妊婦さんも今まで辛い思いをしてやっとの事で子供を授かったのかもしれないと思うと気持ちが楽になると思います。

 

両親へ言えず、不安、心配になった事

ベルタ葉酸,楽天,アマゾン,amazon

付き合って間もない人との子だったので、親への報告が中々出来ず、ちょうど実家の引越しでバタバタしていたのもあって、妊娠6ヶ月まで報告出来ませんでした。
その間、言えてない事の罪悪感や、反対されたらどうしようとか、怒られるだろうなとか、色々考えて不安になったり心配ばっかりでした。
結局、報告後は双方の親とも喜んでくれました。

 

私の場合、実家の引越しの手伝いまで彼を親に合わせた事がなかったので、本当に大切な人で今後を真剣に考えている相手なら、早いうちに顔を合わせておくこと、関係を深めておくといいと思います。
報告もしやすくなりますし、中々言えずにモヤモヤすることもなく済みますよ。

私は妊娠中、妊娠線予防にとニベアの青カンを1日2回ほど使用していました

 

出産3日前まで順調でしたがその後急に妊娠線出来てしまいました。
病院選びでは口コミがよく、食事やおやつ、アフターサービスがいいところなどをネットで調べてたまたま評判の良いところが近所にあったのでそちらにしました。
食事は絶対美味しいところにした方がいいと思います。
きちんと調べて病院を選べば退院したくないくらい快適な産後の入院生活がおくれます

 

二人目の妊娠を希望したころから

 

主人が男の子が欲しいと言っていて、産み分けを考えました。出産した産院も産み分けをしている病院でしたが、産み分けは自分たちで排卵日を計算したり調べて授かりました。生まれてきたのは希望どおり男の子でした。
病院を選んだ理由は先生の評判と、ベテランの助産師さんが多く相談しやすいことからです。自宅の近くに産院はなく車で30分のところにある公立の病院で出産しました。
帝王切開も立ちあいができる病院だったので、主人に立ち会ってもらいました。産後のケアもよく病院にも満足していました。

 

青汁を飲みました

 

野菜不足を解消するためです。体の毒素を排出して、健康な体になることが、妊娠しやすい体だと思ったからです。つわりに備えて、しっかり食べて体力を蓄えておきました。
結果、無事妊娠できました。後悔しないように、できることはしておいた方がいいと思いました。主人は、焦っていなかったので家庭内がピリピリすることなく良かったです。今月こそは妊娠したいと気合を入れすぎるのではなく、おおらかな気持ちでいた方が妊娠しやすいです。
あまりつわりが無かったので夫も私も普段通りの生活。朝食にお弁当、夕食、掃除洗濯犬の散歩…何だか痛かったお腹の張りも初産の為わからずに本で調べたら子宮の成長痛あったのでまんまと勘違いし よく食べてしっかり運動!を鵜呑みにしてせっせと動き回った結果が切迫早産で絶対安静…。妊婦後半戦はひたすら横になりながら夫に家事の指示。「仕事で疲れてるのに…」「無理をするから…」体は元気で食欲旺盛なのに寝転び続ける私の姿をみると割り切れない気持ちになるらしく少し険悪なムードに… 。赤ちゃんを迎えるための環境作りや健康的な食生活など理想を高くもってもやはり普段の自分より疲れやすいし中々目標通りのタスクは日々達成できません。自己嫌悪に陥らず適度に手抜きしながらの家事をおすすめします。

 

妊娠にむけて葉酸サプリを購入し、飲んでいました。

葉酸は妊娠前から妊娠4カ月くらいまで摂取が必要です。
値段が安くなるので定期購入にしましたが、飲み忘れ等で出産までに3カ月分くらい葉酸サプリメントが余ってしまい困っていました。
友人から、出産後も授乳中に葉酸を飲むのも赤ちゃんのためになるということを聞きつけ、出産後に服薬しました。
サプリメントを定期購入される方はあまりそうなら、早めに中止し、残りを出産後に使用されると無駄がなく使用できると思います。
また、サプリメントは私としては粒の大きさやにおいが気になりました。
続けて飲むためには、その点を注意して購入されるのがいいと思います。

 

2人目は男の子がいいね

 

現在女の子男の子の2人の子供がいます。妊娠前女の子を先に授かりたいと話していた友人に中国式の産み分けがあるよと聞いていました。最初は信じていなかったのですが、調べてみると以外と当たっているという話が書いてあったので夫には話さずこっそり産み分けの日を調べていました。その時に妊娠したのが本当に女の子で私もびっくりしました。このときは偶然かなと思ってたのですが、2人目は男の子がいいねと旦那もいっていたので早速産み分けで計算してみると見事男の子。2人目の妊娠でこの中国式産み分けは本物だと思いました

 

2人目妊活中辛かったです。

 

1人目と年齢がどんどん離れることが不安になり、すごく焦っている中、主人と普段セックスレスなのに、子作りの協力の話をするだけでも勇気要ったのに、排卵日だとされる日を前もって言ってたのにも関わらず、その日になっても普通に寝ようとしてたので、言ったら、土曜しかできないと逆ギレで、しかも土曜でも仕事ある日はできないとか。全然子作りどころでなく、こんな環境のなか奇跡的に子供ができた時はもうしなくてもいいんだ、言わなくてもいいんだと気持ちが本当に楽になりました。私は元々生理不順で、1人目出産後しばらくは順調にあったものの、何年も経つにつれ、生理が来なくなり、生理をおこすために婦人科に行って、ピルを臀部に筋肉注射して、そんなことしたあげくに、主人からのひどい対応に、新しいパートナー見つけて良いんだったら、すぐに替えたい気持ちだったです。
子供が無事に産まれたら子供は可愛いみたい。

 

半年ほどで二人目を妊娠できました

 

二人目が欲しくて妊活しました。生理が規則的に来ていたのですが念のため基礎体温を記録して排卵日を予想。排卵日の前日、当日、次の日に受精できるように主人にお願いして早くに帰ってきてもらうようにしました。でも2日後がきっと排卵日だ!と予想してもなかなか排卵日が来なかったりして、今日、明日、明後日、その翌日、その翌々日と主人に頑張ってもらうこともしばしば。でもそのおかげで半年ほどで二人目を妊娠できました。

 

妊娠線が残ってたるんだお腹に

 

1人目のときは妊娠線予防に毎日お風呂上がりにホホバオイルを塗っていた。クリームよりも伸びがよく臭いもないためつわりの時でも塗れた。そのお陰か1人目のときは妊娠線は出来ずにきれいなお腹になった。
二人目の時はなんでもおざなりになってしまい、ホホバオイルはおろかクリームや化粧水すらつけずに過ごし、出産したらものの見事に妊娠線が残ってたるんだお腹になってしまった。
クリームを塗ってももしかしたら出来ていたかもしれないが、やっぱり塗ってれば少しは違ったかもしれない。

 

マタニティヨガを一週間に3回10分間程度やっていました

 

 妊娠中、雑誌にのっている体験談だけでなく、実際に産院で開催されていたヨガ教室などに通い、友達を作って話を聞けばよかったと思います。つわり対策も、人によって様々ですし、同じ境遇の妊婦さんと話をすることによって元気がでたかもしれません。特に、2人目、3人目ともなると、上の子の面倒を見ながらになるので、なかなか自分の思うようには行動できなくなります。1人目で自分の体が元気であれば、いろんな活動に取り組んでいる産婦人科の病院で、栄養のことや体のことを、もっと積極的に教えてもらうと後の子育ての役に立つと思います。
妊娠中にマタニティヨガを一週間に3回10分間程度やっていました。教室に通うのは、嫌でしたので、動画サイトアップされているものを見ながら、家自宅で行っていました。あと、散歩をほぼ毎日していました。途中で痛くなったら直ぐやめていました。そのかいあってか、初産でしたが、陣痛がきて4時間程度で出産する事が出来ました。でも、妊娠線のケアをしていなかったので、相当なあとが残ってしまいました。病院では、看護師さんが皆優しくて、ストレスなく過ごす事が出来ました。
産婦人科で不妊治療をしました。タイミング法、人口受精までやりました。痛くて、気分が落ち込んで、お金もかかって、ついには投げ出してしまいました。その代わりに、体力作りのウォーキングを始めました。運動の効果があったのか、病院に通っていたときより気が晴れ晴れとしました。冬なのに体もポカポカと温まっていい感じです。食事にも気をつけて毎日を楽しく過ごしました。1ヶ月後、なんと妊娠したんです。ストレスが不妊の原因になっていたのかもしれませんね。

 

切迫流産

 

妊娠は、年齢には適わないと思いました。
私は、結婚後すぐに1人目を授かれたので、2人目も、やれば出来ると思っていたら、
3年もかかり、計画は失敗、かなり離れた兄弟になってしまいました。
しかも、1人目は全部順調だったのに対し、2人目は年齢のせいもあってか、切迫流産から始まり、9ヵ月での破水など、

 

かなり問題ばかり…

 

1人目と2人目のギャップがすごかったので、
すべての妊娠が同じようには行かないことを理解していた方がいいと思います。

 

自己流で産み分けをしました

 

上の子供が男の子だったので、次は絶対女の子が欲しく自己流で産み分けをしました。期間は1年弱かかりましたが、徹底的に排卵日を調べるため基礎体温や排卵検査薬等色々な方法で特定し、女の子の遺伝子が生きやすいという日を選んで産み分けに挑戦しました。エコー検査でお腹の赤ちゃんの性別が女の子と確定した時は努力が報われた気がして、とても嬉しかったです。旦那さんには必死過ぎて引かれた時もありましたが、諦めずに産み分けをして良かったと思います。

 

体力がなくなって病院で栄養剤の点滴を

 

妊娠初期の時に葉酸サプリを飲んだほうがいいって聞いていたのに、めんどくさがって飲まなかったら妊娠後期ぐらいの時に貧血気味で、鉄分の薬を出されてしまいました!
ちゃんと葉酸をとっておけば良かったと思っています。
妊娠クリームもちゃんとボディークリームを毎日塗っていたけど、後期後半にいきなりピキピキと妊娠線が出てしまって…
太ったのもあると思うけど、専用の妊娠線クリームを塗れば良かったなって思っています。
つわりはすごくひどかったです!初期の段階で食べ物少しも食べれなくて飲めなくて体力がなくなって病院で栄養剤の点滴を2回ほどしました。
だいぶ違います!
あと、食べれなくて飲めなかったので氷を食べたりしてなんとかしのぎました!

 

今日はしんどいので家事は無理

 

産まれてからでも良いのでやってほしいことリスト化しておくと良いです。
妊娠中の外出も私は貧血でつらい時もありました。
自分がつらい時に「あれしようか?これしようか?」と一々確認されても疲れるだけなので、
つわりでしんどい時はそっとしておいてほしいとか、要望をはっきりするべきだし「今日はしんどいので家事は無理」と自分もきちんと意思表示するとお互い思いやれます。
どのくらいしんどいか、やっていいのかが旦那さんはわからないのできちんと理解してもらいましょう。

 

妊娠中、ラーメン(塩か醤油でもやし禁止)が食べたくて仕方がありませんでした

 

歩くといい!と聞いて、出産ぎりぎりまで1時間半ぐらいかけて徒歩・電車・バスを駆使して通勤していました。出産一か月前に退社し、自宅で過ごしていました。トイレをきれいにするとかわいい子が生まれるといわれ、トイレ掃除も個人的には頑張ってみました。結果、適度な運動になり無事に出産をむかえました。

 

つわりの時に、酸味があるものがいいと聞きますが日によってダメでした。なので偏ったり食べすぎはダメですが、妊娠中に食べ物の好みが変わったりすることがあるので、基本的に好きなものを適度に食べるのが精神的にも楽でした。私は妊娠中、ラーメン(塩か醤油でもやし禁止)が食べたくて仕方がありませんでした。

 

いろいろと大変なこともありましたが、無理をしないこと、適度な運動と食事が大事だということは今も私の口癖になりつつあります。

 

妊娠初期の便秘対策

 

食べづわりが酷く、少しでも空腹を感じると気持ち悪くなり、吐き気がするような状態が2ヶ月ほど続きました。
食べづわりで体重増加をしたというエピソードは良く見聞きしていたので、体重増加に注意しながら対応していました。
バッグには常にグミを入れていました。グミは比較的低カロリーで、噛みごたえがあるので満腹感を得やすいことと、電車などの外出先でも手軽に食べられるので重宝しました。
勤務先は飲食はOKな会社でしたので、干し芋や、コンビニで売っているカットフルーツで空腹をしのぎました。
どちらも自然のもでですので塩分や糖分は少ないですし、食物繊維も取れるので妊娠初期の便秘対策にもなるのでおすすめです。

 

 

診察が適当になった総合病院

 

実家が遠いため、里帰りするつもりでいたので評判の良い個人産婦人科病院ではなく、総合病院にお世話になりました。
最初は凄く親身になってくれていたのに、里帰り出産を予定している事を知った途端、私の診察が適当になったのを素人ながらに感じました。
母親教室にも参加していたのですが、その資料も返してくださいと言われました。
地元の病院に転院後、紹介状と共に添付されているはずの検査結果なども無かったようで再検査をするハメに。
紹介状にも私の言っていた状況と全く違う事が書かれてあったようで転院先の先生も困っていました。
内診などもほとんどやった事なかったのですが、転院してすぐに切迫早産で入院。
最初の病院で、適度に歩くようにと言われた事を守ったおかげで経管が短くなっていたようです。
やはり事前に病院の評判は調べるべきだと思いました

 

子作りが目的みたいになると男も逆にやる気をなくす

 

基礎体温をしっかり測り、排卵検査薬も使ったりして排卵日をきちんと特定しようとものすごーく努力したのに、
その日に限って飲んでくる旦那にブチ切れたことも何度かありました(涙)。
また、飲み会でなくても旦那が気乗りせずうまくいかなかったこともありました。
どうしても、子作りが目的みたいになると男も逆にやる気をなくすようです。
なのでこれから妊活する人へのアドバイスとしては、あまりに子作りのため!という感じではなく、上手にムード作りをするのがおすすめかなぁと思います。

先輩ママたちの共感できるコラム 妊活喜怒哀楽記事一覧

子どもが欲しいと漠然と思い始めてたとき、その頃は体にいいことなんて一つもしていませんでした。コーヒー大好き野菜大嫌いの肉大好き人間でした。子どもが欲しいなと思い始めた時期に、魚、野菜しか受け付けない時が出てきました。妊娠する行為もしていなかったのに。その食生活がずっと続き、そしてそのときの生理が終わった次のときに妊娠しました。あれはいったいなんだったのか自分が子供が欲しいから体が自然にそうなったの...

30代後半結婚後、1年経ってから妊活を始めましたが、なかなか授からず結婚5年後不妊治療をすることにしました。当時通っていたクリニック最初の検査で特に異常がみられずタイミング療法やホルモン治療からスタートしていましたが2年間妊娠することなく終わり、体外受精をしてみますか。との段階まで来たとき初めてAMH検査(自分の卵巣に卵子がどのくらい残っているか調べる、いわば卵巣年齢を知る検査)をしました。結果、...

不安からの逃げ道を作ってくれたのがとても嬉しかったです。私たち夫婦は金銭面から体外受精には進まないと決めて、人工授精に臨みました。しかし、2度続けて結果は残念。1人沈んでいると夫が「大丈夫。何回かやってればきっとそのうち上手くいくよ。どうしてもだめだったら、子どもにお金がかからない分、2人でいっぱい旅行して楽しもう!」と慰めてくれました。「妊娠しなきゃ!妊娠したい!」と張りつめていた気持ちが緩み、...

妊娠できるなら性別はどちらでもいいと思っていました。男の子だとわかってから、母親に報告すると、えーと言われてショックでした。母親の周りで生まれた赤ちゃん(友達の孫や親戚の赤ちゃん)が全員男の子だったので、女の子がよかったそうです。そんな事情なんてうちには関係ないので、とても嫌な思いをしました。次に会ったときにも性別を確認してきたので、本当にイライラしましたが、生まれてきてからは孫フィーバーがすごく...

もともと生理不順で妊娠しづらいと言われ、一人目はすぐできましたが、やはり二人目はなかなかできず。不妊治療を始めたのですが思うようにはいきませんね、よくネットでみるようなできることをいろいろ試しました。多のう胞性卵胞のためサプリを試したり、鍼だったり、食事だったり、、、お金も時間も費やしました。でもやっぱり限界がきてお金も余裕がなくなってしまい鍼もやめていつもより運動を増やしたり、通院治療を少しお休...

心配だったし、嫌だったことは主人の両親が絶対に男の子を生みなさいとうるさかったことです。女の子は絶対に許さないと言われて、とても嫌でした。何でそこまで言うんでしょう。私は逆に男の子だったらどうしよう。男の子って元気すぎて、相手しきれないかもしれないって、反対に男のならとても不安でした。結局女の子が2人続き、3人目でやっと男の子が生まれました。女子だけでもかわいいと思います。けど、男の子も不安とは反...

私は元々生理不順もあり、なかなか子供を授かる事ができませんでした。そんな中でやっとお腹に宿った子供。旦那と喜んだのも束の間、お義母様に報告したところ「よかったね。女の子ならいいね」と言われました。軽く言われたその一言に私はひどくショックを受けました。旦那も私も、授かれた大切な命があるだけで嬉しいのに、それからも会うたびに「性別分かった?女の子だった?」と聞かれるようになりました。結局お腹の子は男の...